business trip → private travel

国内線限定の"ビジネストリッパー"。出張は多いけど、乗り物酔いしやすくて大変(-_-;) でもやっぱり旅はたのしい!

   仕事柄、飛行機と新幹線に乗る機会が多いです。 国内線限定ですが。。。
   いまでもテイクオフ、ランディングは緊張します(汗)
     

【基本】普段の生活のなかから、大量のマイルをつくろう!でもすこしだけ自戒もこめて【おさらい】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジトリです。

 

「ビジネスクラスに搭乗して、ラグジュアリーな気分を味わいたい」

「家族、奥さん、彼女を連れて、ハワイ旅行に行きたい」

 

そう思ってここに行きついたとしたら、ぜひ読み続けてください。

それまで「飛行機に乗り、クレカ決済で貯めたマイルだけでANAの特典航空券をゲット」していた自分が、目からウロコが「これでもかっ!」とこぼれ落ちた話を綴っています。

 

諸先輩方が指南されている「陸マイラー」の活動の仕方と時系列が違うかもしれませんが、自分の実感をもとに書いたものです。

 

ソラチカカードをつくろう!

まずはソラチカカードをつくりましょう。必須です!

ソラチカカードの正式名称は、「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」です。東京メトロが発行しているクレジットカードですね。

www.to-me-card.jp

なぜソラチカカードが必要かというと、このカードほど良いレート、高効率でANAマイレージに替えることができるルートがないからです。

東京メトロのクレジットカードを発行する際は、必ず「ソラチカカード」を指定してくださいね。東京メトロはほかにも「To Me CARD」「To Me CARD Prime」「To Me CARD Prime PASMO」を発行していますが、これらではANAのマイルに90%の高変換率での交換ができません。

 

さらに申込の際には、もう2手間かけてみてください。

 

このカードに限らず、ANAマイレージクラブカードの機能を持つクレジットカードの申込では、「マイ友プログラム」を利用しましょう。

『マイ友プログラム』 ご紹介│ANAマイレージクラブ

具体的には、ANAカードを所持している身近な方に「紹介番号」と「登録用URL」を教えてもらい、申込の際にそれらを入力しておくとお互いにマイルがもらえます。ぜひ同僚、友だち、家族、親戚などのANAカードホルダーを探してみてください。

でも、身近にANAカードホルダーがいない場合は、こちらの問合せフォームにご記入ください。ビジトリが紹介者になります。無記名で結構ですよ。

 

もう一つは、カード申し込みの際に、ポイントサイトを経由することです。ポイントサイトは数多くありますが、下記のサイトであれば間違いないでしょう。ただし、時期によってはポイントサイトにソラチカカードが記載されていないかもしれませんが、これらのサイトは「陸マイラー」活動をする上で避けて通ることのできないものですので、もし登録がお済みでなければ、ここで登録しましょう。いずれも登録、維持管理は無料ですよ。

(ここで登録していただければ、ビジトリ(私)にもメリットがあります(汗))

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

 ↑ ハピタス

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ 

 ↑ ちょびリッチ

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 ↑ モッピー

でもポイントサイトにソラチカカードがない時期も実際あります。ポイントサイトに載るまで待ってもいいですし、この際ポイントは諦めてすぐにソラチカカードを発行しちゃってもいいでしょう。その後に行うであろう、いろいろなクレジットカードの発行やFX案件によるポイントに比べれば、ソラチカカード発行によるポイントは小さい傾向にあります。 

ドットマネーby Amebaに登録しよう!

そして、これも「陸マイラー」活動に必須の、アメーバが運営するポイントサイト「ドットマネー」です。

d-money.jp

なぜドットマネーが必須なのかというと、「ハピタス」「ちょびリッチ」「モッピー」などのポイントサイトとソラチカポイントの橋渡し役になるからです。ほかに「Pex」経由のルートもありますが、若干ですが手数料が必要です。また、ドットマネーへのポイント交換の際に、ボーナスポイントが付くことがあります。過去には10%もボーナスが付いたこともあります。こちらは紹介制度がないので、直接申し込みましょう。もちろん無料ですよ。

ポイントサイトでクレジットカード発行やFX案件をこなそう!

やっと、下準備が整いました(笑)

ここで前述の「ハピタス」「ちょびリッチ」「モッピー」などのポイントサイトで、クレジットカードの発行をしてポイントをゲットしましょう!!!

と、言いたいとことですが、クレジットカードの発行には暗黙のルールがあります。

★★★ クレジットカードは短期間に大量につくらない ★★★

あまり間隔を開けずに、次から次へとクレジットカードを発行すると、いつの日か「発行不可」となるようです。幸い自分はなったことがないのですが、もし「発行不可」になると、しばらくは自重せざるを得ません。

(ここらへんは、諸先輩方のブログなどで確認してみてください。。。)

そう、ソラチカカードをつくりましたよねぇ?ですので、次のクレジットカード発行は1ヶ月ほど間隔を開けましょう。

その間のおすすめの過ごし方は、手頃なFX案件や各種登録案件をこなしつつ、「それぞれのクレジットカード発行でのポイント相場の把握」をすることです。

最初の頃は、「うわぁ、こんな簡単に5,000マイルももらえるのぉ!!」と浮かれてしまうのですが、それが高値なのかどうかはわかりません。下手したか底値かもしれませんよ?同じ案件でも、ポイント数は日々刻々変動します。ですので、1ヶ月ほどは「相場観」を磨くのもいいかもしれません。いつの日か「あのとき飛びつかなくてよかったぁ。危うく5,000マイル損するところだったよぉ。」と思う日が来るかもしれません。

f:id:taishibouritsu:20170622101627p:plain

↑これは、とあるクレジットカード案件ですが、「3,000ポイント→8,400ポイント」と書かれているので「やった、ラッキー♪」と思うかもしれませんが、先日私は同じ案件を20,000ポイントでこなしました。大雑把でいいので、相場を捉えていると、絶好のチャンスがどのあたりなのかがわかるのです。

 

虎の子のポイントからANAマイレージへ!

ここまでがポイントサイトのポイントゲットまでの時系列になりますが、ポイントサイトのポイントからANAマイルへの交換手順は逆になります。

 [   ポイントサイト   ]

      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 [     ドットマネー    

      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 [ ソラチカポイント 

      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 [    ANAマイル   

手間はかかりますが、基本的にお金がかかるところはありません。

(※外食案件など、お金を払う必要があるものもありますが、日常生活の一部におまけがつくと考えましょう。また、ソラチカカードは2年目以降は年会費がかかります。)

最初は考えることが多くても、ANAマイルでできることを想像すれば、それも楽しみになるはずです。

また、ここで述べた方法は、数ある「陸マイラー」活動の方法のうちひとつでしかない、ということを付け加えておきます。自分の肌にあったやり方を探すことも必要です。

マイル所持数を争うゲームではない!

これは自分の実感、自戒を込めてですが、どうしても「陸マイラー活動」が「大量のマイルをゲットする」こと自体が目的になってしまうことがあります。もう一度言います。そもそもマイルを集める目的は何でしたか?

「ビジネスクラスに搭乗して、ラグジュアリーな気分を味わいたい」

「家族、奥さん、彼女を連れて、ハワイ旅行に行きたい」

そうであれば、具体的に何マイルあればこれらの目的が果たせるのかはわかります。仮にそれが10万マイルであれば、10万マイル分のポイントを集めればいいのです。旅行に行く時間が存分にある方ならば、いくらでもマイルがあっていいでしょうが、一般的には旅行に行ける回数は限られます。マイルによって得られるものは「飛行機のチケット代」の悩みの解消だけなのです。ANAのマイルには「3年間」という期限があります。せっかく得たマイルが無駄になってはもったいないです。それ以上に「マイルに自分の行動が縛られる」ことは、それ以上にもったいないです。長期的な計画に合わせた陸マイラー活動でなければなりませんね。

 

さいごに!

最初にもいいましたが、自分は実際にお金を払って飛行機に乗っていますので、ハイブリッドタイプの陸空両用マイラーです。(すこしカッコよく言ってみました(笑))「空で貯めたマイル」だけで海外旅行にも何回か言っています。ですが「陸マイラー」というものの存在を知ったときの衝撃はいまでも忘れません。まるで自分に翼が生えたかのように思いました。目標があれば、頑張れます。今後も、自分の知識、経験をみなさんとシェアできればいいなと考えております。

 

こちらが実際に特典航空券で行った旅行記です。飛行機代が節約できたおかげで、現地でちょびっと贅沢できました。

 

では、よい旅を!

 

↓ クリックお願いしますm(_ _)m 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村