business trip → private travel

国内線限定の"ビジネストリッパー"。出張は多いけど、乗り物酔いしやすくて大変(-_-;) でもやっぱり旅はたのしい!

   仕事柄、飛行機と新幹線に乗る機会が多いです。 国内線限定ですが。。。
   いまでもテイクオフ、ランディングは緊張します(汗)
     

【出張あるある】【困ったアップグレード】「ツインベッドルームにしておきましたぁぁ(ニコッ)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジトリです。

 

出張していると「いやはや参ったなぁぁ。。」ということがあります。

今回は「ツインベッドルーム問題!!!」です。

f:id:taishibouritsu:20170630113455j:plain

f:id:taishibouritsu:20170630113517j:plain

f:id:taishibouritsu:20170630113539j:plain

 

上の写真は、いずれも自分が指定せずに「ツイン」がアサインされたときの部屋です。

(いっぱいありますが、ちょっとだけいいホテルの写真を選びました(笑))

当然身体はひとつなので、ベッドはひとつあれば十分なのは当然。ということは、アップグレードと言われても、自分にとっては「邪魔なベッドが一個ある」という状態なわけです。

 

そこで、この邪魔なベッドの活用方法を考えてみます。(意味あるか??)

 

荷物置き場

本来、ベッドがなければそこは「床」のはずであり、「床」であればそこは移動経路か荷物置き場になるはず。ビジネスバッグやリュックであれば、自分の寝床じゃない方のベッドにドンと置いておけます。また、出張先ホテルでも仕事、という場合は、書類を拡げて置けます。ホテルのデスク(カウンター)は奥行きが狭いので、ラップトップPCを置いたらいっぱいになってしまうので、書類を広げられると便利です。

でもゴロゴロ引っ張ってきたスーツケースをベッドには載せられません。少なくともわたしは。

 

ストレッチ/筋トレスペース

f:id:taishibouritsu:20170630151707j:plain

飛行機などの長時間移動でこわばった筋肉をほぐしましょう(笑)。とはいえ、ベッドのようなふかふかしたところだと、静的ストレッチの姿勢維持が難しいですね。あと、腕立て、腹筋するにしても、手やお尻の反力がマットレスに吸収されてしまうので、難易度が上がります。

 

身体のほてりを冷ます

f:id:taishibouritsu:20170630151759j:plain

ホテルって、だいたい暑いですね。日中温められた躯体が蓄熱していることが原因の一つでしょう。かと言って、一晩中エアコンと付けていると、体調を崩しかねない。ならば、夜中に冷たいベッドの方に移動しましょう。これで1時間は大丈夫ですね。それで1時間後にさっきのベッドに戻って、、、って書いててあまりよくないことに気づきました(爆)

 

ジョークでなくて

「もう一つのベッド」を使おうが使うまいが、チェックアウト後にリネン交換される(されてますよねぇw)ので結果一緒だとしても、使う必要が無いのに散らかすのって、躊躇われます。いずれにしても、資源のムダ使いにはなるわけで。

 

例えば、ゲストの事前了解がある場合、ベッド全体を覆うカバーを掛けておいて、次のゲストに引き継ぐ。なんてのはどうでしょうか。

 

地域によっては、シングルルームがほとんどないところもあるのは、ゲスト構成とランニングコストを考慮した落とし所なのでしょう。でももうすこしアースフレンドリーに物事を考えられないかな、と思うのです。

 

最初に戻りますが、1人客のツインベッドルームアップグレードは、わたしにとってはアップグレードじゃないよ、という話でした。

 

では、よい旅を!

 

↓ クリックお願いしますm(_ _)m 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村