business trip → private travel

国内線限定の"ビジネストリッパー"。出張は多いけど、乗り物酔いしやすくて大変(-_-;) でもやっぱり旅はたのしい!

   仕事柄、飛行機と新幹線に乗る機会が多いです。 国内線限定ですが。。。
   いまでもテイクオフ、ランディングは緊張します(汗)
     

【現代のナスカの地上絵?】やってみたいとは思っても本当にやる人いるんですね

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジトリです。

f:id:taishibouritsu:20170807171640j:plain

ワシントン・ポスト www.washingtonpost.com に面白い記事があったので紹介します。

www.washingtonpost.com

以下要約です。

記事によると、先週の水曜(Aug.2)にシアトルからとある飛行機が飛び立ったとのこと。その飛行機は、ボーイング787-800 Dreamliner。

一旦ミシシッピ州(五大湖のあたり)まで飛んだが、すぐに針路を南西にとった。フライトトラッキングアプリで見るとそれは奇妙なものに見えたので、SNSでは一体何が行われているのかが話題となった。

「パイロットは酔っ払ってるんじゃないの?」などの推測の中に「わたしにはエアバスに見えるなあ。。」というツイートがあったが、真剣に言っているかどうかわからなかった。(これもアメリカンジョークってやつなんでしょうか?)

それは18時間に及ぶ耐久テスト飛行だったことが、ボーイング社の記録でわかった。ボーイング社は「テストチームは、ランダムパターンで飛ぶよりは、22の州上空にドリームライナーを描くことを想像したんだ」と。

以前からやられているそうです

以前からテストフライトでは、結構遊んでるみたいですね。まあ、これで記事になれば、会社はOKなんでしょうね。

今年のはじめには、737 MAX がワシントンとモンタナ州上空で「MAX」と描いた。

 2011年には747-800のテストでピッツバーグのローカルのサンドイッチを注文した。

 コメント欄では・・・

「すげえ!!」

「◯◯は描かないでくれよ!」(小学生が考えそうなヤツ)

「エイプリールフールかと思ったゼ!」

「俺パイロットだけど、去年のクリスマスにクリスマスツリーで飛んだよ!」

 

テストフライトだからどのルートを飛ぼうが、データさえ取れればいい、ということなんですね。日本だったら「金の無駄だ!二酸化炭素を増やすな!」と文句つける人もいるんだろうな、と思ったら、同じようなコメントを書き込んだ人がいて、見事にボコられてました(笑)

 

おまけ

おまけに、海外旅行などで役立つマイレージのお得なゲットの仕方を紹介しますので、参考にしてください。

ハピタス 【ポイントサイトと言ったらココ!】

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちょびリッチ【いつでも大型案件があります】

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

モッピー【最近のりにのってるポイントサイト】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ゲットマネー【FX案件が高騰しやすいポイントサイト!】

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

Gポイント【旅行の予約をするときは必ずチェック!】

Gポイント

【Gポイントと旅作】飛行機で国内出張するだけで10,000マイルもらえそうなお話〜サラリーマンのお楽しみ - business trip → private travel

 

 


 

それではよい旅を!

PVアクセスランキング にほんブログ村