business trip → private travel

国内線限定の"ビジネストリッパー"。出張は多いけど、乗り物酔いしやすくて大変(-_-;) でもやっぱり旅はたのしい!

   仕事柄、飛行機と新幹線に乗る機会が多いです。 国内線限定ですが。。。
   いまでもテイクオフ、ランディングは緊張します(汗)
     

飛行機乗っててムズムズしてくることありませんか? 〜 これがわたしの対処方法です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジトリです。

f:id:taishibouritsu:20170808115634j:plain

飛行機に乗ってて困るのが、エコノミークラス症候群。エコノミークラスに乗っていると、下半身が硬直し血流が悪くなるというのが原因ですが、必ずしもエコノミークラスに乗っている人だけが発症するものではないようです。

飛行機が上昇下降する際の加速度の影響や、機内の気圧の変化も影響します。

わたしは幸いエコノミークラス症候群になったことはありませんが、脚とくにふくらはぎがむくみ、ムズムズしてくることがよくあります。

そんなときのわたしの対処療法を紹介します。

(あくまでも私感に基づく記事です)

f:id:taishibouritsu:20170808113317j:plain

VENEX ふくらはぎサポーター

VENEXはアスリートが着用するようなリカバリーウェアのメーカーです。シャツやスパッツ状のサポーターを運動後や就寝時などに着用すると、疲労軽減効果が期待される、というものです。わたしはこのふくらはぎサポーターとネックコンフォートを愛用しています。

飛行機搭乗の際に、このふくらはぎサポーターを着用すると、テイクオフの際の期待上昇時に感じるふくらはぎのむくみが軽くなる気がします。

また、旅先のベッドに入るときに着用すると、翌朝の疲れの抜け具合が違うようです。

長友佑都 体幹×チューブトレーニング

長い時間同じ体勢で着席していると、膝や足首の関節がムズムズしてくることが私の場合よくあります。なんか通路を歩き回ったり、屈伸運動をしたくなりますが、ずっと歩き回るわけにもいきませんし、シートベルト着用サインが出ていれば着席せざるを得ません。

この書籍は体幹トレーニングの指南書のなかでもよく売れているもので、強度のちがうチューブが2本付録になっています。

飛行機の中でムズムズが起こってきたら、この本の付録のチューブを使って軽い筋トレを座ったまま行います。そうすると気が紛れることと、脚の血流を促すことで、ムズムズが軽減されます。

チューブは折りたたむとスマホくらいのボリュームですし、軽量ですので常にバッグに忍ばせています。

旅先のホテルの部屋でトレーニングすることもできます。

長友佑都 体幹×チューブトレーニング

長友佑都 体幹×チューブトレーニング

 

 

まとめ

以上2つのアイテムを紹介しました。

最初にも述べましたが、あくまでもわたしが行っている対処療法ですので、効果の感じ方は個人で変わってくるはずです。この2つのアイテムの長所は、軽量・コンパクトであることと、腐ったりしない、ということですので、気軽にバッグに入れておくことができると思います。

こちらの記事では、機内での過ごし方の提案をしています。

 

おまけ

おまけに、海外旅行などで役立つマイレージのお得なゲットの仕方を紹介しますので、参考にしてください。

ハピタス 【ポイントサイトと言ったらココ!】

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちょびリッチ【いつでも大型案件があります】

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

モッピー【最近のりにのってるポイントサイト】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ゲットマネー【FX案件が高騰しやすいポイントサイト!】

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

Gポイント【旅行の予約をするときは必ずチェック!】

Gポイント

【Gポイントと旅作】飛行機で国内出張するだけで10,000マイルもらえそうなお話〜サラリーマンのお楽しみ - business trip → private travel

 

 


 

それではよい旅を!

PVアクセスランキング にほんブログ村