business trip → private travel

国内線限定の"ビジネストリッパー"。出張は多いけど、乗り物酔いしやすくて大変(-_-;) でもやっぱり旅はたのしい!

   仕事柄、飛行機と新幹線に乗る機会が多いです。 国内線限定ですが。。。
   いまでもテイクオフ、ランディングは緊張します(汗)
     

【噂のあいつにまたまた挑む!】伊丹空港でタダ飯をいただく【アメックス エアポート・レストラン・クーポン】 〜 551蓬莱HORAI

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジトリです。

 

「陸マイラー」界隈では、もはや必携の感すらある「アメックス・ゴールドカード」。

財布からちらりと覗くヤツは、やっぱり「スゴイヤツ」感があります。

そして、「SPGアメックスカード」も一段上のラグジュアリーを経験できる1枚ですね。

 

そんな「アメックス・ゴールドカード」の特典の一つが、羽田空港、伊丹空港(大阪国際空港)でもらえる「エアポート・レストラン・クーポン」。とくに伊丹空港では手軽にもらえるよ、なんて情報は知ってても、東日本在住の自分には指を加えて見るしかなし。

 

たまたま最近大阪出張が多かったので、その際に利用した「ミールクーポン」の体験レポートです。

 

と、その前に・・・

アメックス・ゴールドカードにはいろいろな特典がつきます。

   海外旅行に行く際に、VIPラウンジが年2回使えるとか・・・

   充実した旅行傷害保険が付くとか・・・

   有名レストランに2人で食事に行くと1人分が無料になるとか・・・

そんなアメックス・ゴールドカードへの入会は、紹介制度がお得です。

いまなら、、、

☑初年度年会費無料

☑入会後3か月以内合計20万円以上のご利用で20,000ポイント

の特典がつきますよ。

身近のアメックスカードホルダーを見つけて紹介してもらうか、わたしからの紹介も可能です。こちらのフォームから匿名でメールアドレスをお知らせください。

 

前回までにいただいた伊丹空港のタダ飯はこちらでした。 

 

それではまいりましょう〜!

 

まずは恒例のアメックスカウンターへ 

アメックスのカウンターは1階、2階にありますが、クーポンを取り扱っているのは2階です。ですので、伊丹空港に到着の場合は到着口のある1階からエスカレーターで2階に上る必要があります。

f:id:taishibouritsu:20170824163611j:plain

クーポンは緑色のときとオレンジ色のときがありますね。

 

551蓬莱は南ターミナル1階です

551蓬莱はANA到着口の真ん前にあります。結構混雑しているように見えますが、持ち帰りの列とイートインの列は別ですので、まずはあきらめずに確認しましょう。

f:id:taishibouritsu:20170824162810p:plain

 

アメックスのミールクーポンで選べるのは、豚まんと生ビールのセットのみです。

f:id:taishibouritsu:20170824163153j:plain

持ち帰りする人が多い豚まんです。当然アツアツの豚まんがサーブされます。

(写真は豚まんを引きちぎったところです。食べかけではありません(笑))

f:id:taishibouritsu:20170824163451j:plain

 

まとめ

「551蓬莱」はいろいろな中華料理が選べるレストランですが、ミールクーポンでは「豚まん+生ビールセット」をいただけます。

大の大人だと食事になる量ではないので、おやつにいただくとか「このあとプレミアム御膳が出るから軽く済ましておこう」なんてときにはいいですね。

「大阪着いたけど、とりあえず豚まんをお腹に入れといて、街に出てからちゃんと食事しよう!」でもよさそうです。

まあ、そもそもお酒が飲めない人には選択できるメニューではありませんが、ほかの中華料理も美味しいですよ。

 

おまけに、海外旅行などで役立つマイレージのお得なゲットの仕方を紹介しますので、参考にしてください。

ハピタス 【ポイントサイトと言ったらココ!】

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちょびリッチ【いつでも大型案件があります】

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

モッピー【最近のりにのってるポイントサイト】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ゲットマネー【FX案件が高騰しやすいポイントサイト!】

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

Gポイント【旅行の予約をするときは必ずチェック!】

Gポイント

【Gポイントと旅作】飛行機で国内出張するだけで10,000マイルもらえそうなお話〜サラリーマンのお楽しみ - business trip → private travel

 

 


 

それではよい旅を!

PVアクセスランキング にほんブログ村