business trip → private travel

国内線限定の"ビジネストリッパー"。出張は多いけど、乗り物酔いしやすくて大変(-_-;) でもやっぱり旅はたのしい!

   仕事柄、飛行機と新幹線に乗る機会が多いです。 国内線限定ですが。。。
   いまでもテイクオフ、ランディングは緊張します(汗)
     

【お安くグアム旅行したいときの必殺技!!】レオパレスリゾートグアム〜楽しみ方をしぼればこれほどオトクなホテルはありません!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジトリです。

f:id:taishibouritsu:20170901102240j:plain

今回お盆の繁忙期に家族でグアム旅行に行ってきました。

一年の中でも超繁忙期でしたので、普通にツアーを購入するととんでもない金額になります。この金額ならば「閑散期にハワイに行けちゃうね、しかもビジネスクラスで」という理屈になりますが、休みが自由に取れる親子ではないのでそれも無理。

しかしマイルを利用すれば、飛行機代は諸経費以外はゼロに押さえられます。これも「陸マイラー」のなせる技ですね。

(正確に言えばわたしは陸空ハイブリッドマイラーです)

いつのまにかSFC(スーパーフライヤーズカード)会員になってた自分が感じたメリット〜ハイブリッドマイラーへ - business trip → private travel

 

航空会社は、ユナイテッド航空(UA)。

ANAと同じ「スターアライアンスメンバー」ですので、ANAのマイレージで特典航空券の発券が可能です。シートのクラスはエコノミー。わたしは旅先でアクティブに楽しむことに重きを置きますので、エコノミークラスで十分です。ということで、

 ・使用マイル:20,000マイル/人

です。家族4人でしたので合計80,000マイル。「陸マイラー」なら、すぐに貯められるマイル数ですね。

国内出張による「空マイラー」活動では、貯まるのは2年くらいかかるでしょうか。

 

今回はそのグアム旅行で宿泊した「レオパレスリゾートグアム」のレビューです。

 

他のグアムのホテルについてはこちらの記事をご覧ください。

www.businesswanderer.com

レオパレスリゾートグアムの概要

グアムのリゾートホテルはタモン湾周辺に集まっているのですが、このレオパレスリゾートグアムはぽつんと山の中にあります。グアム島の面積の1%をレオパレスリゾートが占めるそうです。

賃貸アパート、賃貸マンション事業でおなじみの「レオパレス21」の関連会社が運営しています。レオパレス21の株主優待には、レオパレスリゾートグアムの無料宿泊券がありますので、株主はかなりお得に宿泊することができます。(ヤフオク、メルカリでの相場は2枚1,000円ですね。)

アクセス

空港との有料シャトルバスがあります。空港には、到着口前のレンタカーカウンターの中に、レオパレスのカウンターがあります。ただし往復35ドル(大人)ですので、大人数だとタクシーもしくは空港営業所からのレンタカー利用のほうが安上がりです。

また、レオパレスの中にトヨタレンタカーの営業所がありますので、空港←→レオパレスの移動はシャトルバス、島内の移動はレンタカーでというアクティブな楽しみ方もできます。

f:id:taishibouritsu:20170820154829j:plain

ビーチはありませんが、タモンにあるウエスティンリゾートグアム行きの無料シャトルバスがあるので、タモンのビーチで楽しむことができます。さらにレオパレス宿泊者は、ウェスティンのロッカーとプール・ビーチを利用できます。(大人20ドル、小人10ドル)

建物

f:id:taishibouritsu:20170901110218p:plain

www.leopalaceresort.comより引用

建物は大きく分けて、ホテル棟とラ・クエスタ棟があります。各棟間を往来するシャトルバス(バン)がこまめに走っています。駐車場はホテル棟、ラ・クエスタ棟それぞれにあります。

ホテル棟

こちらはプールから見たホテル棟です。レセプション(フロント)はホテル棟にあるので、すべての宿泊者はホテル棟でチェックイン・チェックアウトを行います。レセプションには、日本語の話せるスタッフがいます。客室の他に、レストラン、フィットネスジム、スパ、プールがありますので、それらの施設を積極的に利用するのであれば、ホテル棟の客室を予約したほうがよいです。スイートルームはホテル棟にしかありません。

f:id:taishibouritsu:20170901103714j:plain

ラ・クエスタ

ラ・クエスタはコンドミニアムタイプの客室棟です。B〜Eの4棟あります。ちょっと日本の団地を思わせる外観で、年期が入っています。客室の窓からは、ゴルフ場、グラウンド、プールが見えます。

f:id:taishibouritsu:20170901105707j:plain

各部屋にリビングとキッチンを備えています。食費をなるべくおさえたい場合は、簡単な調理のできるコンドミニアムが便利ですね。

B〜E棟に囲まれた形であるのが、ラ・クエスタセンターです。

f:id:taishibouritsu:20170901110334j:plain

この建物にはコンビニとオプショナルツアーの受付があります。子供用プールへのアクセスもこの建物からになります。

 

コンビニの品揃えは限定的ですので、注意が必要です。スナックやお土産物は豊富です。

f:id:taishibouritsu:20170901111010j:plain

カップラーメン、缶詰もたくさんあります。

f:id:taishibouritsu:20170901111238j:plain

コンビニと名乗っていますが、パン類やサンドイッチは少しだけしかありませんでした。見た目の印象だけですが、日本人の味覚に合わなそうなものばかりでしたね。スタッフに聞いたところ、おにぎり、弁当の取扱はまったくないそうです。

f:id:taishibouritsu:20170901112805j:plain

ベルヴェデーレプール

ホテル棟にある大きなプールがベルヴェデーレプールです。アクセスにはルームカードが必要です。タオルはプールサイドで借りられます。ウォータースライダーがありますが、この日は改修工事中で利用できませんでした。(工事をしている様子はなかったので、メンテナンスが終わるかどうかわかりません。。。)

f:id:taishibouritsu:20170901113429j:plain

小さなこどもは楽しめると思いますが、大人がゆったりと寛ぐ雰囲気ではありません。

f:id:taishibouritsu:20170901113955j:plain

まとめ

野生だと思いますが、ニワトリがたくさんいます(笑)

f:id:taishibouritsu:20170901114057j:plain

山奥の不便な場所にありますが、タモンまではせいぜい35分、ハガニアまでは20分で行けます。

かつては隆盛を誇っていたと思われますが、建物の老朽化はいろいろなところに見られます。とくにラ・クエスタの外観は寂しいものがあります(客室内部はリニューアルされました)。大浴場など、閉鎖されてしまった施設もあります。

ただし、何と言っても株主優待券で無料宿泊できるというのは、かなり魅力的です。

最初にも書いたように、航空会社の特典航空券とレオパレスの株主優待券があれば、持ち出しがほぼ無しでグアム旅行に行けるわけですから。

とくに、子供連れの家族旅行、ホテルライフよりもビーチ、買い物を楽しみたいアクティブ派におすすめのホテルです。

 

おまけに、海外旅行などで役立つマイレージのお得なゲットの仕方を紹介しますので、参考にしてください。

ハピタス 【ポイントサイトと言ったらココ!】

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちょびリッチ【いつでも大型案件があります】

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

モッピー【最近のりにのってるポイントサイト】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ゲットマネー【FX案件が高騰しやすいポイントサイト!】

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

Gポイント【旅行の予約をするときは必ずチェック!】

Gポイント

【Gポイントと旅作】飛行機で国内出張するだけで10,000マイルもらえそうなお話〜サラリーマンのお楽しみ - business trip → private travel

 

 


 

それではよい旅を!

PVアクセスランキング にほんブログ村