business trip → private travel

国内線限定の"ビジネストリッパー"。出張は多いけど、乗り物酔いしやすくて大変(-_-;) でもやっぱり旅はたのしい!

   仕事柄、飛行機と新幹線に乗る機会が多いです。 国内線限定ですが。。。
   いまでもテイクオフ、ランディングは緊張します(汗)
     

【出張でもランニングしよう!】ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー フィットネスルーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジトリです。

 

普段から家の周りをジョギングしたり、マラソン大会に出場しています。そんな自分は、出張先や旅行先にもランニングシューズとウエアをスーツケースに詰めて、その地元のランニングコースを走って楽しんでいます。

 

これまでに出張先で走ったことのある街、コースについて、数回ブログに書きましたが、いずれもその街中を走った経験をシェアしてきました。

【健康第一】出張でもランニングしよう!【沖縄 那覇 編】 - business trip → private travel

【健康第一】出張でもランニングしよう!【奈良 編】自分の脚でひとり修学旅行!! - business trip → private travel

出張でもランニングしよう!【北海道 札幌 編】 - business trip → private travel

www.businesswanderer.com

 

今回は2回目の「ホテルのフィットネスジム」でのランニング体験記になります。記念すべき(?)第2回ホテルジムレビューは「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」です。

f:id:taishibouritsu:20171013114735j:plain

 

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューとは?

那覇市内にある「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」は、ビジネス、観光目的両方に使えるシティーリゾートホテルです。値段設定によっては、サラリーマンの出張で利用できますし、4〜10月まで利用できるガーデンプールがあったり、ウエディング対応のバンケットもあります。地元の方たちも、食事や会合に利用されています。

最寄り駅はゆいれーる壺川駅ですが、徒歩10分の距離+坂道ですので、那覇空港からの移動であればタクシー(約1,500円)を利用したほうがよいでしょう。

 

ホテルの詳細、レビューについては、別の記事で触れたいと思います。

 

フィットネスルームの概要

「フィットネスルーム」は1階にあります。時期は不確かですが、最近できた施設です。1階(レセプションレベル)と客室階を結ぶエレベーターホールの目の前にあります。エレベーターホールに面する壁面はガラス張りですが、透明度にグラデーションが掛かった乳白フィルムが張られているので、意外と気づかれにくいです。

www.anacpokinawa.com

  • 宿泊者のみ利用可(16歳以上)
  • 営業時間は24時間
  • スタッフは非常駐
  • シューズの貸出あり
  • 更衣室あり(男女兼用)
  • 入室にはルームキーが必要

更衣室があるのでウエアを持ち込んで着替えてもいいですが、客室からTシャツ短パンで行ってもとくに恥ずかしくなかったです。1階での水平移動があるとは言え、エレベーターホールにフィットネスルームが面しているので、ほかの宿泊者、利用者の目につくことはありません。

こちらではレンタルシューズの貸出があります。サイズは23cm〜30cm(!)の1cm刻みで準備されています。もちろんマイシューズを履いてトレーニングしても、問題ありません。

 

フィットネスルームの詳細

まず入室前に注意書きが掲示されています。内容確認後、ルームキーを使用して入室します。

f:id:taishibouritsu:20171013133207j:plain

 

簡単な利用案内があります。AEDはありません。

f:id:taishibouritsu:20171013133458j:plain

 

フェイスタオルとウォーターサーバーがありますので、部屋から持ってくる必要はありません。下駄箱にレンタルシューズがありますが、使用後はここに戻さずに洗面室にあるリターンボックスに戻します。

大型モニタには、ミュージックビデオが流れていました。

f:id:taishibouritsu:20171013133528j:plain

 

洗面室はジムエリアからオープンです。洗面ボール1カ所、タオル・シューズのリターンボックス、トレーニングの備品があります。ドアの奥が男女兼用の更衣室です。

f:id:taishibouritsu:20171013133821j:plain

 

バランスディスク、バンドがあります。

f:id:taishibouritsu:20171013134121j:plain

 

ヨガのブロックがあるのは珍しいですね。

f:id:taishibouritsu:20171013134239j:plain

 

マシンはカーディオ(有酸素運動)系が多いです。トレッドミル3台、ストライダー2台、バイク1台です。カーディオマシン正面のガラスの向こうはエレベーターホールですが、トレッドミルで走っていてもお互いの様子は見えません。

f:id:taishibouritsu:20171013134340j:plain

 

筋トレはウエイトとベンチです。実はストレッチスペースがありません。ベンチの間でやって、ってことかな? いずれにしても備品の準備のある、バランスボール、ヨガをやるスペースがないです。。。

f:id:taishibouritsu:20171013134416j:plain

 

 

カーディオマシンはすべてLife Fitnessで揃えられています。わたしには馴染みのないメーカーですが、日本に代理店があり、東京にショールームがあるようです。調べてみると、ウェスティンホテル東京に導入されているようです。

f:id:taishibouritsu:20171013135301j:plain

TVチューナーやYouTube、Netflixなどのアプリは入っていないバージョンでした。

 

トレッドミル(ランニングマシン)で汗を流す

トレッドミルで30分間ワークアウトしました。

トレッドミルやバイクなどの説明書はありません。まあモニターを見ればわかるでしょ、ということです。

最初にコース、体重、時間(or距離)を入力します。インタラクティブコースにはいくつか選択肢があり、「Ireland」を選びました。たまに車や自転車が追い越していきますが、ちゃんと左側通行しています。

f:id:taishibouritsu:20171013135834j:plain

こんな田舎道ですが、皇居並みにランナーがいます(笑)。世界中のログインユーザーが同時にコース上を走っているからです。オンラインゲームのようですが、プレーヤー同士の交流のようなことができるのでしょうか?

コースには起伏があり、走路が自動で傾斜し、負荷の変化があります。

 

30分間のランの後、2分間(任意)のクールダウンでワークアウト終了です。ペースは大したことないですが、やはりインドアでは風を受けないので汗の量が多くなります。

f:id:taishibouritsu:20171013141732j:plain終わったら、マシンに落ちた汗をキチンと拭き取りましょう! 

ちなみに今回の滞在中にフィットネスルームを2回利用しましたが、1度は自分だけの貸切状態、1度は自分以外に2人の利用者がいましたが、マシンの順番待ちはありませんでした。

おそらく普段から空いていると思います!

 

 

 

まとめ

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー周辺でジョギングするのであれば、いちばんは「奥武山公園」です。

www.businesswanderer.com

奥武山公園は、壺川駅から国場川を超えたところにあるので、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューから軽くアップで流していけばちょうどよい距離になります。

 

出張先の街中を走ることのメリットは、

  ☑ 街の景色
  ☑ 街の空気感
  ☑ 人の流れ
  ☑ 人の服装

と考えます。
 
それに対し、ホテルのジムで走ることのメリットは、
  ☑ 非日常感
  ☑ 給水が容易
   服装の用意が軽く済む(ジャケット、手袋等が不要)
ですね。とくに冬でも装備が軽微で済むので、荷物がかさばりません。
沖縄の日差しは厳しいので、夕方でも走るのはつらいですし、朝は本州よりは暗いですし。。。
時間の制約がないホテルのジムは、気軽に走るにはもってこいです。 
出張先の楽しみを見つけると、苦労も軽減されますね。
 

おまけ 

おまけに、海外旅行などで役立つマイレージのお得なゲットの仕方を紹介しますので、参考にしてください。

ハピタス 【ポイントサイトと言ったらココ!】

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちょびリッチ【いつでも大型案件があります】

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

モッピー【最近のりにのってるポイントサイト】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ゲットマネー【FX案件が高騰しやすいポイントサイト!】

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

Gポイント【旅行の予約をするときは必ずチェック!】

Gポイント

【Gポイントと旅作】飛行機で国内出張するだけで10,000マイルもらえそうなお話〜サラリーマンのお楽しみ - business trip → private travel

 

 


 

それではよい旅を!

PVアクセスランキング にほんブログ村