business trip → private travel

国内線限定の"ビジネストリッパー" そしていまでは陸空両用”ハイブリッドマイラー”

business tripprivate travel

-------------------------------------------------------------------------------------
まずはこちらの記事から U may LIKE !
  

【出張でもランニングしよう!】ロワジールホテル那覇 フィットネスジム

ビジトリ(@BizWandererです。

普段から家の周りをジョギングしたり、マラソン大会に出場しています。そんな自分は、出張先や旅行先にもランニングシューズとウエアをスーツケースに詰めて、その地元のランニングコースを走って楽しんでいます。

 

これまでに出張先で走ったことのある街、コースについてブログに書いています。またホテルのジムで走った経験もシェアしてきました。

 

 

今回も「ホテルのフィットネスジム」でのランニング体験記になります。「ロワジールホテル那覇」のフィットネスジムのレビューです。

ロワジールホテル那覇とは?

那覇市内にある「ロワジールホテル那覇」は、シティーリゾートホテルです。4〜10月まで利用できるガーデンプールがあったり、ウエディング対応のバンケットもあります。地元の方たちも、食事や会合に利用されています。

これまでモニターしてきた限り、その日その日で細かく価格設定されている印象があり、高い設定だと3万円近い(1人利用)ときもあれば、一般的なサラリーマンの出張でも利用できる価格まで下がる時もあります。

沖縄でのイベントや日本の休祝日のほかに、中国、台湾、香港、韓国などのホリデイシーズンも考慮されていると思います。

最寄り駅はゆいれーる旭橋駅ですが、徒歩15分の距離ですので、那覇空港からの移動であればタクシー(1,800〜2,000円)を利用したほうがよいでしょう。

 

ホテルの詳細、レビューについては、別の記事で触れたいと思います。

 

フィットネスジムの概要

「フィットネスジム」は本館12階にあります。12階の客室に並ぶ位置にあります。12階には「バー プラネート」もあります。

www.loisir-naha.com

  • 下記宿泊者のみ利用可
  • ロワジールホテル 那覇
    エグゼクティブスイート、コンフォートスイート、プレミアコーナーキング、
    エグゼクティブコーナーキング、エグゼクティブコーナーツイン、エグゼクティブキング、
    エグゼクティブツイン、グランドキング
  • ロワジールスパタワー那覇
    全客室
  • 営業時間は24時間
  • スタッフは非常駐
  • シューズの貸出あり(フロント対応)
  • 更衣室なし
  • 入室にはルームキーが必要

「デラックスツイン」「プレミアツイン」「和室」「スーペリアツイン」「イースト館/別館の各室」の宿泊者は有料(¥2,500(税込み))で利用できますが、施設の内容と値段が見合ってません。フィットネスジム入室時にちゃんとカードキーで管理しているかどうかは不明です。年齢制限はないようです。

今回のわたしの予約は「スーペリアツイン」でしたが「グランドキング」にアップグレードされたため、無料での入室資格を得ました。

更衣室がありませんので、客室からTシャツ短パンで行く必要がありますが、目立つ場所を通ることはありません。

ただしレンタルシューズの貸出は1階フロントでの対応です。サイズは23.5cm〜28cmで準備されています。もちろんマイシューズを履いてトレーニングしても、問題ありません。

 

フィットネスジムの詳細

12階客室の並びに入り口があります。ジムと廊下はスチールドア2枚と前室で隔てているので、音漏れはごく少ないです。

しかし、廊下の通行は少ないものの、ドアが両方とも透明ガラスなので、ワークアウト中に廊下の動きが目の端に入るので、ちょっと集中が切れることがあります。

f:id:taishibouritsu:20171031135434j:plain

 

簡単な利用案内/マニュアルがあります。AEDはありません。

f:id:taishibouritsu:20171031140017j:plain

 

フェイスタオル、ヨガマット、ウォーターサーバーがあります。

f:id:taishibouritsu:20171031140210j:plain

 

壁面は2面鏡張りです。室温は25℃に設定されていました。暑いです(;´Д`)

マシンはカーディオ系中心で、すべてTechnogym製です。

トレッドミルが3台あります。

f:id:taishibouritsu:20171031142352j:plain

 

バイク、クロス系が1台ずつあります。

f:id:taishibouritsu:20171031142444j:plain

 

マルチマシンが1台だけあります。

f:id:taishibouritsu:20171031142810j:plain

 

トレッドミル(ランニングマシン)で汗を流す

トレッドミルで30分間ワークアウトしました。

カーディオのモニターはベーシックな(安価な)ものです。「Time(時間)」「Calories(消費カロリー)」「Distance(距離)」のどれかをゴールに設定し、スタートします。

f:id:taishibouritsu:20171031142930j:plain

 

設定したワークアウトの後、1分間のクールダウンで終了です。クールダウンはGradient(傾斜)、Speed(速度)ともに走行中の半分に自動的にかわります。(写真だと、1.0%、12.5km/hで走っていたということを示します)

f:id:taishibouritsu:20171031144333j:plain

終わったら、マシンに落ちた汗をキチンと拭き取りましょう! 

ちなみに今回の滞在中にフィットネスルームを2回利用しましたが、1度は自分だけの貸切状態、1度は自分以外に2人の利用者がいましたが、マシンの順番待ちはありませんでした。

おそらく普段から空いていると思います!

 

余談

最近館内リニューアルに伴い、コンパクトでドライなフィットネスルームを設置するホテルが増えています。ゲストの要望やホテルの格の維持のためでしょうが、テクノジムのホームページには以下のようなデモンストレーションがあります。

www.technogym.co.jp

機械メーカーがワンパッケージで提案しているのですね。ジムマシンはメンテナンスやリプレイスが伴うので、とてもよいセールスだと思います。

 

まとめ

実は、ロワジールホテル那覇周辺でジョギングするのに向いている場所はあまりありません。

www.businesswanderer.com

奥武山公園は2キロ近く離れており、アップには長すぎます。波の上ビーチ方面に行ってもいいですが、歩道が狭くて走りづらいです。ですので、ロワジールホテル那覇のフィットネスジムはとても重宝しますね。

ホテルのサイトでランニングコースが紹介されていますが、おすすめしません。。。

ホテル周辺 ランニングコースのご案内|はいさい!沖縄局 ~沖縄観光ガイド~|沖縄のホテル「ロワジールホテル 那覇」<公式>

 

出張先の街中を走ることのメリットは、

  ☑ 街の景色
  ☑ 街の空気感
  ☑ 人の流れ
  ☑ 人の服装

と考えます。
 
それに対し、ホテルのジムで走ることのメリットは、
  ☑ 非日常感
  ☑ 給水が容易
   服装の用意が軽く済む(ジャケット、手袋等が不要)
ですね。とくに冬でも装備が軽微で済むので、荷物がかさばりません。
沖縄の日差しは厳しいので、夕方でも走るのはつらいですし、朝は本州よりは暗いですし。。。
時間の制約がないホテルのジムは、気軽に走るにはもってこいです。 
出張先の楽しみを見つけると、苦労も軽減されますね。

このグログの沖縄カテゴリーには、沖縄の楽しいところについても紹介していますので、よろしければどうぞ。

おまけ 

おまけに、海外旅行などで役立つマイレージのお得なゲットの仕方を紹介しますので、参考にしてください。

ハピタス 【ポイントサイトと言ったらココ!】

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ちょびリッチ【いつでも大型案件があります】

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

モッピー【最近のりにのってるポイントサイト】

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ゲットマネー【FX案件が高騰しやすいポイントサイト!】

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

Gポイント【旅行の予約をするときは必ずチェック!】

Gポイント

【Gポイントと旅作】飛行機で国内出張するだけで10,000マイルもらえそうなお話〜サラリーマンのお楽しみ - business trip → private travel

 

 


 

それではよい旅を!

PVアクセスランキング にほんブログ村